HOUSE K Renovation

20161202photo_075web
20161202photo_077web
20161202photo_082web
20161202photo_103web
20161202photo_096web
20161202photo_018web
20161202photo_021web
20161202photo_023web
20161202photo_035web
20161202photo_044web
20161202photo_087web
20161202photo_092web
20161202photo_089web
20161202photo_084web
20161202photo_083web
20161202photo_108web
20161202photo_116web
20161202photo_062web
20161202photo_095web
20161202photo_123web
20161202photo_124web
20161202photo_130web
20161202photo_125web
20161202photo_132web
20161202photo_145web
20161202photo_178web
20161202photo_179web
20161202photo_156web
20161202photo_148web
20161202photo_147web
20161202photo_158web
20161202photo_163web
20161202photo_159web
planvwx

改修前の写真はこちら

田園風景が広がる自然豊かな地域に建つ、田の字に和室が並ぶ標準的な木造2階建て住宅を若い夫婦とその子供のために改修しました。

親世代から引き継いだ住宅に、新しい家族の暮らしにあったプランニング、断熱補強、ガレージを付加する事が求められました。

まず何と行っても、その大きさ、標準的と言えども100坪越えの床面積、4人で暮らすには当然持て余す規模です。

ストックを引き継ぐ事のサステナビリティは歓迎すべきですが、施工面積過大による改修コストの大きさに、着地点が定まらず、結局解体して小ぶりな新築になりがちなこの頃。
いかに古くからの日本住宅様式と現代の暮らし(多様性)を調停させ次世代へ
受け継ぐかが鍵でした。

ここでは希望されていたガレージを暮らしの領域に貫入させる事を試みました。
もともと仮住まいとして建てられていた西側の部分を減築し、車用ガレージにしました。北側の和室は床を解体し土間空間に換えバイク用ガレージとし、隣接する和室もガレージの延長として趣味のスペースに、南側の和室と縁側をワンルームとしてLDKに設える事で、ガレージと暮らしが適度な距離でつながりました。

6畳間が並び細かく仕切られていた2階は、間仕切りを全て取っ払い、空間を開放的に広く使えるように調整しました。

日本様式がもつゆるやかな展開、景色、庭、大きな屋根、軒下、縁側、居間へと続く景色の連なりに、新たにガレージを参加させました。
日常に自動車が不可欠な地方で、有り余る古住宅の再生の一つのケーススタディとなるプロジェクトでした。

設計:川島裕一建築設計事務所
施工:松野工務店
構造:木造在来工法
規模:地上2階

延床面積:305㎡(93坪)

所在地:滋賀県
写真:山崎純敬

  • ブラックTwitterのアイコン
  • ブラックInstagramのアイコン
  • ブラックFacebookのアイコン

お問合せは下記メールまたはSNSのDMで

 

CONTACT   Google Map

 

川島裕一建築設計事務所 一級建築士事務所

〒523-0893 

滋賀県 近江八幡市 桜宮町 294 YP1ビル 4階

TEL 0748 43 0247

MAIL :yk@kwsm.jp

KAWASHIMA ARCHITECTS

4F YP1 Sakuramiya Ohmi-Hachiman Shiga Japan 523-0893

TEL +81 748 43 0247

MAIL :yk@kwsm.jp

(Copyright)YUICHI KAWASHIMA